新着ニュース

設立趣旨

  木村式自然栽培方法は、従来不可能と言われた無農薬・無肥料でりんご栽培を成功させた栽培法で他の作物でも栽培法を応用することにより、生産者(就農者支援)・消費者(食の安全)さらには環境保全に対応して「持続可能な農業」ができると確信しています。

 木村式自然栽培を広く普及するためには生産者への指導・助言だけではなく、行政サイドへの働きかけや安全な食料を求めている消費者との連携も必要となります。

 上記目的の達成のために当会を設立するものです。


鳥取県木村式自然栽培実行委員会について

 

基本方針

 日本の農業はカロリーベースで自給率39%まで下がり、生産者の高齢化も進行している状態でこれらの問題に対応することが必要です。

 木村秋則さんは10年の歳月をかけて無農薬・無肥料のりんごを生産することに成功し、世間では「奇跡のりんご」と呼ばれています。木村さんの提唱される自然栽培法によって健康にも環境にも配慮した安心・安全な農産物を作ることが出来ます。

 

 私達は最初にお米に関する生産者・消費者・加工業者・流通業者の人々を中心としてネットワークを作り、農業の活性化と消費者の健康につなげたいと願っています。