2015年

3月

12日

平成27年定期総会開催報告

38()  13:00~14:30

倉吉交流プラザ第一研修室にて平成27年NPO法人鳥取県木村式自然栽培実行委員会通常総会を開催しました。

以下議事内容です。


定足数確認報告

  正会員数37名

議決権を有する参加者 総会参加者18名 委任状8名 計26名  

定足数充足したことを事務局より報告され確認された。


古川理事長が開会の挨拶ののち小野田眞氏を議長に選出、議事録署名人に足羽賢治氏・古谷祥一郎氏を選出した。


審議議事


第1号議案 平成26年度事業報告及び事業活動計算書について竹内事務局長より説明・報告があり、引き続き野口道博監査役が会計監査報告を行い適正な処理をされていた事を確認したことを報告した。 

引き続き意見質問を求めたが発言なく挙手にて承認を求め、賛成多数で承認された。


第2号議案 平成27年度事業計画案を古川理事長が説明し予算案を竹内事務局長が提案し

審議に入った。

講演会について小倉理事よりこの予算金額について質問

古川理事長より今後講演会開催の委員会を作り詰めて行くので変動はありうることを了承いただきたい旨回答があった。

生産者と購入者との橋渡しをする事業を取り組むように谷口会員より提案

理事長より販売ルートを開拓して需要を取りまとめ生産物をあっせんするように委員会を作りたいと発言

戸板会員より子育て世代が安全な自然食品を求めているが入手方法が判らないでいる、また農学部の学生も自然栽培を知らない、当ホームページを充実して対応してはどうか提案

理事長よりホームページの充実を行いたいので協力いただきたいと要請、昨年は米つくり体験に力を入れ他の事業が手薄になった、本年は会員同士の情報交換を密にするため毎月情報交換会を行い委員会活動を行う事にしていくと発言。

これらの審議を行い第2号議案の採決を挙手にて行い賛成多数で承認された。


第3号議案 竹内事務局長より会員資格について会費未納者への対応方法を協議提案あり規定では会員資格を停止となっている旨説明。協議の結果退会扱いとせず引き続き入金を依頼するよう対応するように井上会員より提案され拍手にて賛成多数で決議された。

以上審議議事完了し議長解任して終了した。

予定されていた水稲栽培体験事業報告は引き続き行う懇親会の場で行う事として通常総会を終了した。